ぎんどろブログ

100周年

3月7日 パナソニック株式会社が100周年を迎えた。

180307 panasonic 100th

私が この会社に入社した時は 松下電器産業株式会社の時代

そこに約40年も 働かせて頂いたことは実に感慨深い。

だって 私の人生の大半を過ごさせてもらった訳ですし

いろいろなお仕事をしたり いろいろな人と会い 多くの友人を得る事も出来た。

今一緒に暮らしている奥さんも 私より2年あとに入社して来た人

そして 現在孫たちも含め 幸せな家族生活が送れている

人生のほとんどが この会社のお陰と言っても過言では無く 感謝に堪えない。

いろいろと書きたい事は山ほどあるが 延々と続いてしまうので今日はこの辺で


今件については 今後折に触れてブログにして行きたいと思う。





研修会

3月3日(土)9時から12時頃まで 取引先の研修会に参加させてもらった。

場所は岩手県トラック協会
180303_torakkukyoukai.jpg
ネット上からお借りしました


第1部は 県警からの講義
P_20180303_092341.jpg

事故死件数が今年は多いから始まり、どこで多いかや どの世代が多いとか。

中でも気になったのは 運転免許更新のはなし

当地区の更新の最高年齢だが わたし的には80代かな? と思っていたら なんと 100歳以上の方が3人もいたそうだ。 
Σ(゚Д゚;エーッ!

まさか 100歳の方が運転しているのか? と思ってしまう でも講義の中では 運転しているとは言っていない。

つまり 何歳になっても 自主返納しないのが 実態のようだ。 

高年齢者の事故が多く報道される中であるが 田舎町ではバスがあっても1日数本とか 自家用車に頼らざるを得ない環境なのだ。

じゃ~ 私は今後どうしようかな? と考えさせられた。



そして 第2部は トヨタL&Fの営業の方から フォークリフトの講義

当たり前だが 安全について 毎度おなじみの講義の繰り返しではあったが やはり年に最低1度は この様な研修会の必要性を感じた。


講義と話はずれるが たまたま着いた席が 一番前の席だったため 質問が飛んでくる。

後輩君と 私に 様々な事を聞いて来る。

そして 答えると 下の様な記念品が

P_20180303_114336.jpg

まるで 今回の講義の戦利品と言わんばかりに 後輩君に全て渡して帰って来た。


最後に 
前述の様に この様な研修の必要性を改めて感じたし 今後はわが職場の人が全員参加出来るようにしたいものだとも感じた。







歓迎会

後輩君がP社を早期に退職し地元に戻って来たことについて先日も書いたが

3月3日(土)17時から お疲れさん会を開催した。

参加メンバーは3人 でも過去白河工場に勤務者した方を中心に 4名に連絡するも不参加であった。


場所は つぼ八イーハトーブ花巻店
180303_tubohatisoto.jpg
ネット上からお借りしました

内部はこんな感じ
180303_tubohatinaka.jpg
ネット上からお借りしました


いきなり行って入れないと困ると思い 電話予約しておいた。

時間に行くと 他のメンバーは来ていない 一人ポツンと待つ

数分もしないうちに メンバーが現れ 

予約してもらって助かったようです と言う

なぜなら 彼らが来ると同時に予約無しの方々が来たそうで

5人ですが? と店員さんに話して 断られたようだ。

この町では かなりの人気店なので やっぱり準備万全が (・∀・)イイネ!!


17時に開始して 終わったのは21時 約4時間 おっさんばかりで盛り上がってしまった。 

そのうち またこの様な機会を作りたいと思う。





つぼ八 イーハトーブ花巻店



関連ランキング:居酒屋 | 花巻駅



後輩退職

2月27日(火) 花巻温泉病院から帰り昼食をとってしばらくリビングでゆっくりしていると

突然 「ピンポーン!」 モニターを覗くと後輩のSS木TS夫君ではないか

とりあえず家の中に案内して 話を聞き始める。

すると驚きの報告が!!

昨年9月にP社白河工場を退職したそうだ。

180301_306447.jpg


彼はまだ52歳 もう少し頑張れば定年扱いになるのだがもったいない気もする。

話を聞くと 子供さんたちも この春から自立して行く事や お父さんが介護を必要とする様になった事など 

彼にとってはある意味 節目にあたるのか?


まー お仕事自体もきつくなって来たことも要因でもある様だが 約15年の単身赴任

ご苦労様でしたと伝えた。


そこで 何気にP社OB会への参加を促してみた。

彼から 「え~ 入れないのでは?」との予想通りの質問が 

今年入会した F原TS春君の事などいろいろ説明をしたが 

次のお仕事も決まった様なのでこの話は一旦保留 


いろいろ約2時間ほど話しし 次回は復帰祝いの飲み会をすることにした。





保養所

P社OB会の会報などが先日届いた。

その中に宿泊施設が3月末で閉館する旨の案内が

P_20180202_053550.jpg

内容は3か所が閉館するとのこと。

「ショック」 である。

なぜなら 仙台工場勤務時代 スキー仲間と週末の仕事が終わると山形蔵王までよく出かけ 泊りがけでスキーをしたからである。

それもシーズンに数回とか 回数は多かった。

スキーシーズン以外も 両親や子供たちを連れて行ったりしたのでなおさらである。

那須の施設も数回利用してる 仙台工場勤務時代 白河工場勤務時代も何回か利用したのでその思いは強い。

高度成長時代に様々な会社が従業員福祉で保養所を作ったが 時代背景には勝てず撤退をしていく中 これらもよく今まで頑張ってやった来たと思う。

国内の工場が海外に展開し地方の工場が閉鎖や集結で従業員数も減って来たし 何よりP社事態が時代の流れの中で大きく舵を取らなければならなくなったためもある。

それはP社だけではなく電機業界全てに言えること。

せめて閉館前に一度行きたいと思うが なかなかそうもいかない。

所員さんたちに 本当にお疲れさまでしたと言いたい。

が 彼等の今後の事を考えると心配で仕方がない。




« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

正ちゃん

Author:正ちゃん
-----------------
ぎんどろブログへようこそ!

宮沢賢治が好きだった「ぎんどろの木」から名前を頂き、日常のたわいないことを中心に書いています。
-----------------

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

フリー (586)
家族・家・庭 (291)
運動・お山・アウトドア (69)
四輪 (204)
二輪 (60)
グルメ (134)
温泉 (13)
お仕事関係 (88)
パソ・スマ・カメラ・家電 (82)
健康 (80)
自治・公的 (29)
趣味・DIY (38)
小次郎 (105)
ドライブ・観光 (2)
ショッピング (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん