ぎんどろブログ

家の前に救急車が

朝5時過ぎいつもの様に小次郎と散歩に

すると向かいに住んでいる田さんが調子悪そうな顔をして立っていたので「大丈夫ですか?」って聞いてみたら「今 救急車を呼んだから」と答えたので本当に大丈夫かな? と心配に。

でも、当人が大丈夫だと言うのでその場を少し離れた。

程なくサイレンが聞こえて来た。
P_20150923_052832.jpg

我が家の方に曲がって入って来る。
P_20150923_052847.jpg

田さんが立っているのはわが家の奥さんの車(青色)の道の向かい側。
P_20150923_052851.jpg

救急車は田さんが立ってる場所を通りすぎて私の方に向かって来る。Σ(゚Д゚;エーッ!
P_20150923_052853.jpg

当人に 気付かず進んでくる救急車とは如何なものか?

救急車から降りてきた隊員に「どちら宅に行かれるのですか?」と聞いたら

彼:分かりません、ここの奥の家に行くにはどうしたら? と逆に聞いて来た。
私:もしかして他の家でも? と 思ってしまった。

そうこうしているうちに近所方々が大勢(6名程)が出て来て少し大変なことに。
(まだ5時半なのに皆さん朝が早い(^^ゞ 年寄りばっかりだから?)

かく言う私も年寄りチームかな?
不謹慎な話は置いといて

結局 ご本人は救急車の中に・・・ とりあえず一安心 






約30分程 小次郎と散歩をして来たら、我が家の前にまだ救急車がいるではありませんか。
P_20150923_055303.jpg

でも、赤色灯が消えています。

少しすると ご本人が救急車から降りて来た。

搬送されず 家に戻された?

聞いてはいないのでよく分からないが、体調が良くなったのか?



なんとも 朝から大変な一日であった。 


余談ではあるが、我が家の前に救急車が停まるのは、うちの奥さんが数年前に怪我をした時以来である。 







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ja7mag.blog.fc2.com/tb.php/826-1ed664c2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

正ちゃん

Author:正ちゃん
-----------------
ぎんどろブログへようこそ!

宮沢賢治が好きだった「ぎんどろの木」から名前を頂き、日常のたわいないことを中心に書いています。
-----------------

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

フリー (548)
家族・家・庭 (263)
運動・お山・アウトドア (67)
四輪 (184)
二輪 (60)
グルメ (123)
温泉 (13)
お仕事関係 (75)
パソ・スマ・カメラ・家電 (64)
健康 (60)
自治・公的 (25)
趣味・DIY (32)
小次郎 (80)
ドライブ・観光 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん