FC2ブログ

ぎんどろブログ

PCX アンダーカバー交換

7月22日(日)
マフラーカバーと同様に突風で転倒した際にアンダーカバーも被害を被りましたので交換をしました。
゚(゚´Д`゚)゚

外すのにボルトが二本とビスがえ~っと7本?かな、最初はどうやって外すのかサービスマニュアルなど無いのでいろいろ考えました。
な~んだv(=^0^=)vゴムのステップカバーを外すとイッパイネジが並んでいます、悩むほどではありませんでした。

外した状態ですが、傷が良く分かりませんね(^^ゞ
P1000427.jpg

アップです、良く分かるでしょ(´∀`*)
P1000425.jpg

交換した状態です。
P1000428.jpg

交換後です、キレイに出来ました。
v(=^0^=)v
P1000426.jpg

マフラーカバーとアンダーカバーが新品になりましたので、また愛情?を掛けて行かないとね。
P1000429.jpg

突風による転倒で傷になってしまいましたが、マフラーカバー3,600円(送料込)とアンダーカバー3,700円(送料無料)合わせて7,300円の出費でした。
(´・ω・`)ガッカリ・・・
でもこれをバイク屋さんで交換したらこれに工賃5,000円以上は掛かるので、ま~良しとしましょうかね。
スポンサーサイト



コメント

PCX買いました

またまた失礼します。
このあいだ小野さんの所でPCXの白を
買いました。
と言っても東京の弟のです。
その弟が乗ってたマジェスティー250を
私が譲って貰いました。
PCXは東京にて乗り回していますが
アイドリングストップが付いてるのには
驚きました。

いきなりのコメントすいません。
これって初期型のワインレッドですよね?

同じのに乗っているのですが、少し前に転倒させてしまし、ボディ左側に擦り傷ができ、フロントフェンダーが破損してしまいました。

素人でもパーツだけ購入すれば交換できるものなのでしょうか?

傷を目立たなくさせるような、塗料などご存じでしたら教えて頂きたいです。

ソフト99のタッチアップペンが良いと聞くのですが、これに合う色があるのかどうか。。。

Re: タイトルなし

ご質問ありがとうございます。

大変でしたね お体は大丈夫ですか?


回答ですが

部品はネットでもバイク屋さんでも入手出来ます。(ブログに書いた価格程度です。)
但しタイ製なので時間がかかる場合もあると思います。
もちろん機械好きなら素人でも外装部品は交換可能です。

次に塗装ですが、素人ではハッキリ言って元通りには出来ません。
どうしてもと言うならペイント等はメーカーから同色を取り寄せることをお薦めします。
市販品は殆どが合いませんので。

こんな感じで宜しいでしょうか? (^_^)


補足ですが、このバイクは数年前に乗り替えてしまったので極最近の部品状況はどうなのか分かりませんのであしからず。m(_ _)m







> いきなりのコメントすいません。
> これって初期型のワインレッドですよね?
>
> 同じのに乗っているのですが、少し前に転倒させてしまし、ボディ左側に擦り傷ができ、フロントフェンダーが破損してしまいました。
>
> 素人でもパーツだけ購入すれば交換できるものなのでしょうか?
>
> 傷を目立たなくさせるような、塗料などご存じでしたら教えて頂きたいです。
>
> ソフト99のタッチアップペンが良いと聞くのですが、これに合う色があるのかどうか。。。

わざわざありがとうございます!!



助かります!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ja7mag.blog.fc2.com/tb.php/50-b970deff

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

正ちゃん

Author:正ちゃん
-----------------
ぎんどろブログへようこそ!

宮沢賢治が好きだった「ぎんどろの木」から名前を頂き、日常のたわいないことを中心に書いています。
-----------------

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

フリー (676)
家族・家・庭 (355)
運動・お山・アウトドア (73)
四輪 (246)
二輪 (73)
グルメ (176)
温泉 (13)
お仕事関係 (101)
パソ・スマ・カメラ・家電 (118)
健康 (117)
自治・公的 (40)
趣味・DIY (71)
小次郎 (163)
ドライブ・観光 (3)
ショッピング (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん