FC2ブログ

ぎんどろブログ

買取業者へ

8月14日(月)

フィルム式一眼レフカメラが ついに私のもとから去って行った。

とは言っても 40年以上前に購入したカメラ 

就職して初ボーナスで 思い切って買った。

その後 レンズや周辺のパーツなども徐々に買い集めて行ったので思いは籠っているが 

出番が無い状態がしばらく続く状況で 箪笥の肥やしに。

P_20170814_060215_vHDR_Auto.jpg


今件の経緯、 

フェイスブックを見ていると 買取業者の広告が出ていた。

なんか胡散臭いな~と思いつつも ブックマークした。

買取業者は カメラのキタムラなど沢山あるが この会社の広告を見ていると 海外にはまだまだ需要があるので 古くても買取は良い値段で とのうたい文句。

そうなんだ! と思いながら 買取依頼の登録を少し前にネットで行った。


そして 8月13日に届いた書類一式。
P_20170814_051822_vHDR_Auto.jpg

本来なら段ボールも無料で送って来るらしいが 私は手持ちがあるので「不要」と連絡

それをすると 段ボール発送の手間などが無くなるので 査定に3000円プラスされるとの事。

段ボールごときで 3000円とは ますます胡散臭く感じる。

と 呟いていても カメラ一式は無くなる訳ではないので 思い切って必要書類を記入・準備して発送。



先方に到着後 現物を見て 買取の査定を行い eメールにて結果が届く予定。

さて いくらになりますかな?

と 少し期待していたところ 




8月16日(水)メールが届いた。

「今回送って頂いたお品物を査定させて頂いたところ、残念ながら買取不可という結果になりました。」 だって 


残念でした。

やっぱりそうだよね~ 40年以上も前の品物に値段は付かないのはあたりまえかもね。















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ja7mag.blog.fc2.com/tb.php/1523-3c45aca9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

正ちゃん

Author:正ちゃん
-----------------
ぎんどろブログへようこそ!

宮沢賢治が好きだった「ぎんどろの木」から名前を頂き、日常のたわいないことを中心に書いています。
-----------------

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

フリー (672)
家族・家・庭 (348)
運動・お山・アウトドア (73)
四輪 (242)
二輪 (71)
グルメ (169)
温泉 (13)
お仕事関係 (101)
パソ・スマ・カメラ・家電 (115)
健康 (116)
自治・公的 (39)
趣味・DIY (71)
小次郎 (156)
ドライブ・観光 (3)
ショッピング (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん